TITANFX(タイタンFX)の口コミと評判について

海外FX

TitanFX(タイタンFX)は、2014年に創業された海外業者。

2013年に低スプレッドと高約定力で日本人トレーダーから支持されていたオーストラリアFXブローカーPepperStone社の役員陣が新しく日本人向けに設立した会社だ。

ペッパーストーンのスペックの高さは当時から絶大な支持を受けており、タイタンFXは、その流れを受け継いだものと言える。

TITANFXのメリットとデメリット


PepperStone社のFXブローカーを使っていたユーザーにとっては、タイタンfxの参入は、多くの説明はいらないだろう。

事実TitanFXは、それらのユーザビリティを引き継いだものとなっている。ここでは、その強みと弱みについてのべていく。

TitanFXのメリット
・スプレッドが狭く取引コストが安い
・最大レバレッジ500倍
・自動売買システムズールトレード(zulutrade)が利用可能
・MT4・MT5が利用可能
・NDD方式を採用しており、透明性は抜群
・日本語サポート対応

スプレッドが狭い


一番のメリットがスプレッドが狭いことがあげられる。海外FXの代名詞といえるXMと比べても、すべての通貨において狭く、そのメリットが一目瞭然となっている。

ボーナスがない分、しっかりとスプレッドに還元してくれているところは歓迎すべき点だ。

海外FXのスプレッドを比較してみた
スプレッドにもFX会社ごとにけっこうな開きがあることもある。これは国内、海外という枠組みにとどまらず、海外FX業者間でも大きな差がついているのが実情だ。ここでは、各業者間のスプレッドを比較してみよう。

最大レバレッジ500倍・ロスカット水準20%。追証なし


最大レバレッジ500倍、ロスカット水準20%となっている。レバレッジ500倍は海外ブローカーとしては、普通だが、ロスカット水準20%あるので、ある程度の含み損には耐えることもできる。

加えて2016年2月より追証なしのゼロカットシステムを採用。預けたお金以上の損失がなくなり破産の心配をする必要もなくなった。

海外FXのレバレッジを比較してみた
海外FX業者の特徴の一つがハイレバレッジだが、当記事では各々の会社の比較をしてみた。(レバレッジとはいわゆる「テコ」のこと)FXが大ブームになったのは、手持ちの金額が少なくてもレバレッジをきかせることにより、より多くの利益を得ることがで...

自動売買システム(zulutrade)が利用可能


ZuluTradeは世界中から集めた裁量取引とシステムトレードの売買シグナルを自由に使えるコミュニティだ。ズールトレードは様々な手法や勝ち組トレーダーをコピートレードのように再現することもできる。

・Zuluガード
自動売買の破綻防止用取引監視サービス。指値や逆指値を設定し、そこが迫るとメッセージアラート通知でお知らせしてくれる。

・Zuluランキング
どのEAがおすすめか、勝っているのか、人気なのがが分かる。勝率や・リスク・証拠金必要額も目視で理解できる。

・口座シミュレーター
ZuluTradeで選んだストラテジーの利益をシミュレーションで予想する。もちろんバックテストにあたるので、過信は禁物だが手法選択の目安にはなる。

MT4に加えてMT5も利用可能


従来はMT4のみであったが、2019年11月よりMT5も使えるようになった。今後はメタトレーダー5が主流になっていくことを考えると、早い段階で慣れておいた方がいい。

MT5とMT4の違いは?対応業者の現状からどっちがおすすめかを比較
MT5はメタクォーツ社が開発するメタトレーダーの最新バージョンだ。ただ、現在では知名度、仕様者数ともに以前のバージョンのメタトレーダー4の方が上回っているのが現状だ。「MT5を導入したいけどまだ時期尚早なのでは・・?」「MT5とMT...

NDD方式採用


スキャルピングやロットに対する規制も一切ない。

国内業者が主流とするDD方式ではなく海外の会社で主流となっているNDD方式であるからこそ、取引の透明性が高く信頼のおけるものとなる。

NDD方式採用の国内・海外FX業者を比較
DD方式と比べると、圧倒的に透明性が高いNDD方式。国内業者のほとんどがDD方式であるのに対して、海外業者はほぼNDD方式になる。XMもNDDを採用している。もちろん海外ブローカーでもDD方式を採用している例もあるが、それぞれに一長一短...

完全な日本語対応


日本語対応も問題ない。日本人のネイティブスタッフがいるので、こちらの意図もちゃんと伝わる。

英語が全くできなくても日本語だけで全てを完結させることができる。

TITIANFXのデメリット


上級者に人気の高いタイタンFXだが、弱みを見ていこう。

・2014年創業とまだ日が浅い
・初回入金額は200USD以上
・キャンペーン・ボーナス制度なし
・金融ライセンスの信頼度がやや低め

2014年創業とまだ日が浅い


トレードビューやXMなどと比較するとまだ創業してからの年数が少ない。年数が経つにつれて、信頼度も上がってくるが、こればかりは仕方のないことだろう。

ただもう中堅業者ともいえる年数になってきていて、この点もクリアしていると思われる。

初回入金額は200USD以上


初回入金額が日本円にして2万円となる。ライバル業者ではお試し用に、もっと安い金額での入金で取引できるが、titanfxは口座開設ボーナスも存在しないので、これだけの金額を実際に入金してからトレードを開始することになる。

タイタンFXはボーナス・キャンペーンがない


新規顧客開拓のためのボーナスに力を入れる会社が多い中、タイタンFXはボーナス制度を一切設けていない。口座開設時はもちろん、入金キャンペーンも行っていない。

TITANFXの答えは明瞭で、ボーナスに割く分をスプレッドの狭さやサーバの増強にあてるという方針をとっている。

ボーナス目当てのトレーダーにとっては残念だが、逆に多頻度売買を行う中堅レベル以上のスキャルピングトレーダーにとっては、スプレッド還元やサーバの安定性は何よりありがたいのではないだろうか。

入金・口座開設ボーナスを提供の海外FX業者(4月1日更新)
口座開設ボーナスとは、口座を開設し、入金する前に受け取れるボーナスのことをいう。海外FXならではのサービスといってもいいだろう。国内業者でも岩井コスモ証券のように、20,000円ボーナスがあるが、50万円の事前入金が必要であったり...

金融ライセンスの信頼度がやや低め


TITANFXは、バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)の金融ライセンスを取得している。

他社が取得しているキプロスやセーシェル、ニュージーランドと比較すると、取得難易度が低く、ライセンスの格付けでも1ランク下になってしまう。とはいえ、ノーライセンスではないから必要以上に心配することはないだろう。

海外FX業者の金融ライセンス事情
海外FX業者の口座開設をするにあたり、そのFX業者が信頼できるかどうかをみるのに、参考になるのが「金融ライセンスを取得しているかどうか」があげられる。金融ライセンス不所持の状態で営業をおこなっている会社もある中で、ライセンスを所持してい...

口コミと評判

ツイッター、5ch等SNSでの口コミと評判について

他社からタイタンFXに乗り換えた人はまずスプの狭さに驚く。XMを利用していた人がタイタンに乗り換える理由の一つがスプレッドの狭さだ。

2018.1.19
XMからTitan fxに。

理由
・✨スプレッドがXMよりかなり狭い
・レバ500
・✨現在値に関係無く直近に損切り&利確を設置できる。
・MT4
・入金出金方法は変わらない。
・証拠金20%ロスカット

損切り注文が直近に自由に注文出来るって、局面的には有り難い場面がありますよね…スプも12:05 PM – Jan 21, 2018 お休み💤@B6793821

 

XM以外にも、Gemforex,is6FX,iforexから移行している人も多いようだ。やはりスキャルピング可能でスプレッドの狭さは魅力だ。

TITANFXのまとめ


派手なボーナスがないため、ボーナス狙いの初心者からは敬遠されがちだが、その分スプレッドを狭くしたり、サーバを増設するなどして、ユーザーが使いやすいように常に改善を続けているtitanfx。

中級者、上級者などのベテラントレーダーや、常にチャートにはりついているスキャルパーには圧倒的な支持を受けている。

ボーナスがなくとも、ユーザビリティに徹したスペックは多くのトレーダーの心をつかんで離さないようだ。

海外FXランキング
FXGT

「ハイブリッド取引所」FXGTは、通貨ペアはもちろん株式、商品、仮想通貨も最狭スプレッドでトレード可能な一番注目度の高い会社だ。特に仮想通貨は世界でも最も狭いスプレッドといわれており、仮想通貨トレーダーも挙って参加している。

XM

業界最大手のXMtradingは、やはり人気も圧倒的だ。知名度、スプレッド、約定力、ボーナスの充実度、きめ細かい日本語サポートなどどれをとっても一定水準なのが安心できる。

Gemforex

創業者メンバーが日本人ということもあって、日本人市場を意識しているのがゲムフォレックス。
もちろん、サポート面でも日本人に安心できる仕様となっている。
最大2万円の新規口座開設ボーナス、狭いスプレッド、使い放題のEAサービスなど、さらなる発展にも期待。

海外FX
myfxをフォローする
海外FXポータル
タイトルとURLをコピーしました