XMで日経225を取引する

海外FX

XMユーザーはほとんどが為替取引(FX)をメインとしているが、扱っているのは為替だけではない。株式指数や、CFD商品も取引することが可能なのだ。

FX取引以外にも別のトレードを行いたい、という人は、日経225を学んでみてはどうだろうか?nikkei225は株式、経済にも連動していることもあり、学習することで、本来のFXトレードにも
プラスになってくるはずだ。

XMで扱える日経225とは?

日経225とは日経平均株価、つまり株式指数のことを指す。海外のニューヨーク市場、ロンドン市場ではN225と表記される。東京証券取引所第一部の上場銘柄は約2000銘柄だが、そこから225銘柄の平均を対象にしているため日経225と呼ばれる。

225銘柄は日本株全体の顔ともいえ、株式市場全体の値動き推移を示すため、株式指数(インデックス)とも呼ばれる。日経平均は比較的ドル円と連動して動くことが多い。

日経225は2つの種類がある

単に日経225といわれるが、大きく分けて2種類あり、それぞれの特徴がある。

これは、現物と先物の2種類ということだ。
XMtradingでも両方取り扱っていて、先物はJP225、現物はJP225cashと表示されている。

日経225先物と現物の違い

日経225先物と現物の違いについて下記にまとめていく。

日経225先物

先物取引についていいイメージを持つ人はほとんどいないだろう。
漫画「ナニワ金融道」には、先物取引にはまって、家庭崩壊していく教頭の姿が描かれていたし、グローバリー問題や豊田商事事件など、多くの人を巻き込んだ事件も多い。
ただ、かつての無謀な営業のイメージが根強いだけであって、本来の先物取引は正しく行えば、
それほど恐れるものでもない。

先物取引とは、「将来のある時期の価格をあらかじめ決めて売買する」取引方法をいう。


「先」に「物」を売買する権利を「取引」するといえば、分かりやすいだろう。

XM225先物の特徴

日経225先物は大きな利益が得られるのも事実だが、その分リスクもある。


A商品を100万円で売る契約をした場合、期限になったら、相場にかかわらず必ず100万円で売らなくてはいけない。

これは、その商品が、市場価格150万円になっていようが、逆に50万円になっていようが、関係なく、最初に決めた価格での取引となる。リスクもリターンも大きいわけだ。

もう一転、、FX、株との違いとして先物には取引期限が存在する。

株式だと該当会社が倒産しない限りは、株式ずっと持ちつづけていられるし、FXは通貨取引なので、資本主義が続いて通貨が存在する限り、持ち続けることが可能だ。

しかし日経225先物取引の場合は、半年や1年といった期限を定めているので、その期日を迎えると強制決済されてしまう。

日経225現物

現物取引は私たちが日常行っている買い物と同じだ。
コンビニでジュースがあって、それをレジに持っていき、お金と引き換えにジュースを手にする。物とお金を直接交換するので、現物取引という。

日経225現物は、その時の相場で取引されるので、自分が所持している資産内での取引となる。

レバレッジを掛けられない分、ローリスクでコツコツ利益を得られるので、どちらかというと慎重派向けの投資となる。

XMで日経225取引で稼ぐには

XMには、FX以外にも株式、商品など多岐にわたっており、どれをやればいいのか分からない、という人も多いだろうか、その中でも日経225は取り組みやすいといえる。

理由は・XMと同じ口座で取引できる。・スプレッドが狭い、・レバレッジ200倍という点だ。

・XMと同じ口座で取引できる。

XMを使っている人は、MT4、MT5の扱いには慣れているだろう。新たに口座を開設する必要もないし、国内業者のように追証を怖がる必要もない。慣れたプラットフォームでゼロカットシステムがあることは非常にありがたいことなのだ。

・スプレッドが狭い

XMの中では、ドル円、ユーロドルあたりのスプレッドが狭いが日経225もCFDの中では、一番狭い部類に入るだろう。特に現物はドル円よりも狭いことがある。これに対して他のCFD関連はけっこう広めなので、あまりおすすめできない。

・レバレッジ200倍

XMといえば888倍ハイレバが売りだが、nikkei225については、200倍となる。それでも国内業者と比較するとはるかにハイレバレッジだ。200倍なので、その分証拠金も少なくてすむ。

取引時間

日経225は取引時間が異なるので注意しよう。
FXは月曜日から金曜日まで5日間24時間取引できるが、日経225では平日で1:05~23:15、23:30~23:55までが取引時間となっている。
また季節によってもかわり、冬時間と夏時間で市場の開く時間帯が1時間前後する。
日経225は、冬時間「月曜日07:05~土曜日05:10」、夏時間「月曜日06:05~土曜日04:10」が取引できる時間帯になる。


日経225の証拠金の計算式

XMの証拠金計算ツールは、通貨ペアだけしか計算できない。日経225をはじめとする、CFD商品は通貨ペアとは計算方法が異なるので気を付ける必要がある。

・CFD商品計算式
必要証拠金=ロット数 × コントラクトサイズ × オープン価格 × 証拠金率

XM日経225で勝つ方法

日経225は、 トレンド発生時は天井や底まで同方向にそのまま進む場合が多い。
そして原油のようにファンダメンタルに左右されることもなく、マイナー通貨のように意味不明な動きをすることも少なく、市場が明快で分かりやすいのも日経225の特徴だ。
そして、CFDは差金決済取引(証拠金取引)なので、現物でも売りから入れる。
またロットにも注意したい。XMで日経225を取引する最小単位は1lotからとなる。


現物取引(N225Cash)の特徴
・スプレッドが狭いので、スキャルピングやデイトレといった短期トレードに都合がよい。

先物取引(N225)の特徴
・スプレッドは現物の倍となるが、レバレッジが効いているので少ない証拠金でできる。

日経225取引のFAQ

Q,XMの日経225のレバレッジは何倍?
A,最大レバレッジ200倍となる。他社にもnikkei225(CFD)取引できる会社は複数あるので、レバレッジを比較しよう。
XM :200倍、TitanFX:100倍、AXIORY :50倍、FX Pro :5~50倍、Hot Forex:5倍
dmm.fx :10倍(国内業者)
上記のように、他社と比較してもXMのレバレッジがトップとなる。

Q,XMの日経225の取引手数料は?
A,取引手数料はなく、代わりにスプレッドがコストとなる。日経225先物は24円/lot、日経225現物は12円/lot。

Q,nikkei225の最低取引ロット数は?
A,XMの最低取引ロット数は1ロット。日経225が1万円なら50円から取引可能だ。


Q,XMを使うメリットについて
A,海外FX業者のメリットについて詳細は書いてあるが、ゼロカットシステム採用で追証がない、豊富なボーナスが使えること、FX取引と同じ口座、同じ画面で取引できるので、新たな口座開設の必要がないことがあげられる。デメリットよりもメリットの方が圧倒的に多い。

関連記事

XMの口コミと評判

XMの口座開設方法
XM(エックスエム)は最大レバレッジ888倍でゼロカット(追証なし)、専業兼業問わず、日本人のトレーダーから圧倒的な支持を受けている海外FX業者だ。この記事では、XM-Tradingの口座開設方法について解説していく。初心者は「海外業者だか

XMのボーナスについて

XMは独自のボーナスも魅力
海外FX業者の代名詞ともいえるXM。日本人ユーザーも最も多いが、その魅力の一つがなんといっても豊富で豪華なボーナスだろう。ただ、その存在を知らなかったばかりに、見逃してしまっている人も中にはいるのが現状である。ここでは、XMのボーナスの詳細

XMの日経225取引まとめ

CFD取引の中でも、日経225はおすすめできるものだ。
特に先物取引というと、危険なイメージしか湧かない、という人もいるだろうが、ちゃんとトレードとして取り組めば、FXと同じで勝てるものなのだ。決して博打的な要素はない。

FXだけの取引に慣れてきたら、視野を広げる意味でも検討してみるといいかもしれない。
もちろんその分トレードチャンスも増えるだろう。

 

タイトルとURLをコピーしました