cTrader採用の業者(国内/海外)

海外FX

メタトレーダーと比較すると、まだ知名度、人気もいまいちなのが、cTraderの現状だが、それでも一部のトレーダーからは、「使いやすい」「スキャルピングには最も適しているかも」などの声があがっていて、ファンは少しずつ増えてきている。この傾向は海外ではもっと顕著だが、日本国内でもcTraderファンが増えつつある。ここでは、cTraderを採用している国内・海外ブローカーを一覧としてまとめた。

cTrader採用の業者一覧を比較

cTraderを採用しているブローカーはMT4と比べるとだいぶ少ない。お勧めできる会社はTradeview,Axioryの2社だ。

TradeView(おすすめ)

cTraderをはじめとして、MT4、MT5も対応済み。スプレッドが狭く、日本語サポートもしっかりしており、約定力の高さも相まって、現在では一番お勧めできるブローカーだといえる。

Axiory(おすすめ)

AXIORYはトレードビューよりもややスプレッドが広いものの、最低入金額が低く、初心者がcTraderを試してみたいという場合には取り組みやすさという点でおすすめだ。

ウェブ上で完結する「cTrader for Web」も準備している。
以前bitWalletが取引を中止した際に、いろいろと憶測が流れたが、Axiory自体の財務状況には何の問題もない。代わりにSTICPAYを導入して対応している。

FXPRO

海外FX業者の中では、グループ企業としての総資産が大きく歴史が古いためか、逆に変化に対応しづらいのでは?という感じもする。正直いって、日本市場には力をいれていない。日本語対応といってはいるものの、日本語ネイティブの担当者もおらず、翻訳機で訳したような不自然な言葉が並んでいるので、言葉の壁は覚悟した方がいいだろう。トレードツールはそれ以外にMT4,MT5に対応している。

ICMarkets


2007年創業なので、老舗だといえるだろう。2015年ごろに一度日本人へのサービス撤退を行ったが、2017年に再度復活した。

FIBOGroup

ヨーロッパを拠点に活動するFX業者。こちらも日本人には力を入れていない。CFDの取り扱いが多彩。

ROBOFOREX

IFSC認可の会社。2019年に日本人投資家受入れ表明があったが、ウェブ日本語サイトはすぐになくなり、日本語対応でなくなったので、現在はおすすめできない。

OctaFx

CySEC認可のブローカー。海外では相応の評価を受けているが日本語対応していない。

他には、日本語非対応の会社としてPepperstone、(ペッパーストーン)、KIMURATrading(キムラトレーディング)、Tradersway、PURPLETrading、ICM.com、FXPIG、conotoxia、omf、Skilling、SCANDINAVIAN CAPITAL MARKETS、Fondex

といった会社が存在する。

cTraderが使える国内FX業者

2016年にFOREX EXCHANGE社が提供する「俺のFX」がcTraderを導入。
DMA(ダイレクト・マーケット・アクセス)というシステムが採用され、トレーダーLP(リクイティティ・プロバイダー)の英国取引所LMAX(エルマックス) の価格に直接アクセスでき、約定もとても早かったので、一部ユーザーからは歓迎されていたが、ユーザーの少なさから2017年には撤退した。現在では「俺のEA」「俺のMT4」を残すのみとなっている。

現状、シートレーダーを提供しようとする日本業者の予定はないようだ。

ctraderとは
ctraderは最近注目を浴びつつあるFXプラットフォームの一つだ。まだまだメタトレーダー社のMT4と比べて知名度は低いが、スキャルピングメインのトレーダーからの評価は極めて高く、「もうMT4には戻れない」などの声も聴かれる。当記事では、c

まとめ

日本国内では、知名度は高くないものの、海外では非常に評価が高く、スキャルピングを行うのであれば、cTraderでなければ考えられない。というほどのコアなファン層を獲得している。国内でもトレードビューやアキシオリーユーザーが実際に使ってその良さを実感した、という声が多い。トレードツールとしてはMT4、MT5よりも上との評価から、今後導入するブローカーが増えてくることを期待したい。

タイトルとURLをコピーしました