Axioryでヒストリカルデータをダウンロードする方法

海外FX
Axioryは2015年からのヒストリカルデータをダウンロードすることが可能だ。EAのバックテスト以外にも様々な用途で利用ができる。 ここではヒストリカルデータのダウンロード方法について解説した。

Axioryはヒストリカルデータを提供している

Axioryは2015年からのヒストリカルデータ(過去の値動きを示したデータ)をを提供している。ヒストリカルデータを提供しているFX会社は案外少ないのでけっこう貴重だ。 EA(自動売買)での取引を行うトレーダーにとっては非常に貴重で重要なデータとなるだろう。 ヒストリカルデータはAxioryユーザーであれば誰でも利用することができる。

ヒストリカルデータの用途とは

過去の値動きを示したヒストリカルデータには、以下の2種類の用途がある。 ・1、EAのバックテスト ヒストリカルデータを利用する理由で一番多いのが、EAなど自動売買ツールのバックテストです。 ほとんどの人がバックテストを行うために利用しています。 新しいEAはすぐに使わずに、バックテストを行うことで、利用するに値するEAなのか、そうでないかを確認することができる。 ・トレンド分析 ヒストリカルデータは加工が全くない純粋な過去値動きのデータです。 未来が過去のデータと同じような値動きをするわけではないものの、予測においてゃ過去データは十分に参考になるものだ。 現在多くのトレード手法があるが、例えば、エリオット波動、フィボナッチ、RCI、RSI、ピボット、移動平均線といったインジケーターは過去のヒストリカルデータを分析した結果生まれたものだ。 Axioryのヒストリカルデータを分析することで、自分独自の戦略をたてることも可能となる。

ヒストリカルデータ取得前にやっておくこと

ヒストリカルデータを取得する前の事前準備としてMT4でヒストリー内の最大バー数を設定があります。 この最大バー数が多いほど、過去のチャート履歴までさかのぼってデータ取得できるのだ。 最大バー数の設定方法 MT4を起動。 画面上部の「ツール」をクリックし、「オプション」をクリック。 オプション画面が表示したら、「チャート」をクリックし、下部の「ヒストリー内の最大バー数」を最大値「2147483647」に設定しよう。

Axioryでのヒストリカルデータ取得方法

AXIORYでのMT4ヒストリカルデータを取得する方法についてステップで解説していく。 まずは、MT4を起動しよう。 起動後、上部の「ツール」をクリックし、その中の「ヒストリーセンター」をクリック。 銘柄と時間足の選択 ヒストリーセンターで、データを入手したい銘柄と時間足をクリックすると、データが表示される。 それぞれの選択後、下部の「ダウンロード」をクリック。 ダウンロードアラート画面が表示されるので、「OK」をクリック。 再度「ツール」内の「ヒストリーセンター」をクリックして「データベース・レコード」が0から増えていればOK。 以上でMT4でのヒストリカルデータの取得は正常に完了したことになる。

既存のヒストリカルデータの削除方法

新たなヒストリカルデータを入手の前に、既存のヒストリカルデータがあればそれを削除することが必要となってくる。 ・開いているチャートを削除 チャートが開いたままでは既存データを消したとしても、再度チャートを開くとまた復元されてしまうので、画面右上の×ボタンをクリックしよう。 「ファイル」内の「データフォルダ」をクリック チャートを削除後、画面上の「ファイル」をクリックし、「データフォルダ」をクリック。 表示されたフォルダ内の「history」をクリック。 次に、「Axiory○○」をクリック。(DEMO,REAL) フォルダ内にある入手したい通貨ペアの「○○.hst」のファイルを削除したら完了だ。
海外FXランキング
FXGT

「ハイブリッド取引所」FXGTは、通貨ペアはもちろん株式、商品、仮想通貨も最狭スプレッドでトレード可能な一番注目度の高い会社だ。特に仮想通貨は世界でも最も狭いスプレッドといわれており、仮想通貨トレーダーも挙って参加している。

XM

業界最大手のXMtradingは、やはり人気も圧倒的だ。知名度、スプレッド、約定力、ボーナスの充実度、きめ細かい日本語サポートなどどれをとっても一定水準なのが安心できる。

Gemforex

創業者メンバーが日本人ということもあって、日本人市場を意識しているのがゲムフォレックス。
もちろん、サポート面でも日本人に安心できる仕様となっている。
最大2万円の新規口座開設ボーナス、狭いスプレッド、使い放題のEAサービスなど、さらなる発展にも期待。

海外FX
myfxをフォローする
海外FXポータル
タイトルとURLをコピーしました