XMの3000円ボーナスだけで取引

海外FX

XMの新規リアル口座開設者にはもれなく3000円のボーナスがついてくる。

せっかくだからこのボーナスを最大限に生かす方法はないのだろうか。
自身は全く入金をせずにXMのボーナスだけで取引したらどうなるのだろうか。

XMのボーナスだけで取引してみよう

新規口座限定だが、XMtradingはリアル口座を開設するだけで3000円のボーナスを無条件で獲得することができる。

そのため新しくトレード資金として証拠金を入金することなく、自己資金ゼロのままトレードができるようになる。つまり完全ノーリスクなのだ。

XMスタンダード口座では0.01lot(1000通貨単位)から取引可能となる。
(マイクロ口座だと10通貨単位)

それこそワンコイン、缶コーヒー代ほどのお金で1000通貨単位の売買ができることになる。

ここからさらに海外FX業者XMならではのハイレバレッジ888倍を加えていく。

最初にもらったノーデポジットボーナス3000円x888倍=260万円相当となる。

3000円は大したことないと感じられるかもしれないが、ハイレバレッジを駆使することで、これを膨らませていくことが可能となる。

XMで3000円ボーナスをもらう

Gemforexで最大20000円ボーナスをもらう

XMのボーナス詳細について

XMボーナスキャンペーン情報(2021年版)
海外FX業者の代名詞ともいえるXM。XM証券は日本人ユーザーも最も多いが、その魅力の一つがなんといっても豊富で豪華なボーナスキャンペーンだろう。 ただ、そのプロモーションの存在を知らなかったばかりに、見逃してしまっている人も中にはいる...

海外FXでは他にもボーナスを提供している会社が多くある

入金・口座開設ボーナスを提供の海外FX業者(5月30日更新)
口座開設ボーナスとは、口座を開設し、入金する前に受け取れるボーナスのことをいう。海外FXならではのサービスといってもいいだろう。 国内業者でも岩井コスモ証券のように、20,000円ボーナスがあるが、50万円の事前入金が必要であったりと...

XMで3000円チャレンジ

せっかくもらったXMの3000円ボーナス。自分のお金じゃないからと軽く考えがちだが、この3000円を虎の子として、大切にトレードしていくことが重要だ。

XMではボーナスだけで自分の資金を投入しない3000円チャレンジだってできる。実際に自分の資金を一切入れずに新規口座開設の3000円だけで1万円→3万円→10万円→50万円と増やしている人も存在する。


ドル円1000通貨単位で120円として計算すると、3000円の口座開設ボーナスにMAX888倍レバレッジをかけて、一番最初に1万通貨(1万ドル=100万円)でのギャンブルトレードだってもちろんできる。

ただ、証拠金額をいれて15銭ほどエントリーと逆方向に相場が動いてしまうと、一気に3000円は消滅してしまう。

一発狙いの博打要素が入った、ギャンブルトレードをしたいのであれば、それはそれで構わないが、それでは本来の目的からはかけ離れているし、トレードでの経験も積めないし、全くいいことがない。

やはり地道にトレードをして相場やMT4、MT5などのプラットフォームにも慣れていきたいものだ。それが本来の正しいボーナスの使い方だ。

ノーリスクで、確実に金銭を増やしていこうと考えているのであれば、ファーストステップとしては、1000通貨単位からこつこつと少額トレードを行い、次のステップの1万円になるまで継続していくことが大切だ。

 

XMの口座開設で3000円チャレンジ


Gemforexで最大20000円チャレンジ

 

XM3000円チャレンジ3つのやり方

1、ハイレバスキャルピングトレード
ゼロ口座では以前は3000円ボーナスはなかったが、今はもらえるようになった。

そこで、ハイレバスキャルを行うのだ。XMzeroの場合レバレッジは888倍ではなく、500倍になってしまうが、それでもスキャルが一番売買頻度が高いことを考えると一番利益を伸ばすのにはうってつけだ。

2、トレンド相場での勝負
相場では、トレンド相場とレンジ相場がある。このうち利益を伸ばしやすいのは、圧倒的にトレンド相場だ。

もちろんレンジ、ボックス相場でも勝つ戦略はあるが、短期間で実績をあげたいのであれば、やはりトレンドで勝負したほうがいい。


3、経済指標、重大ニュース発表時に888倍レバレッジトレード(非推奨)
3000円の限られた金額なので、できるだけ大きな利幅を狙いたいと考えている人だと、経済指標や重大ニュース発表といった相場が大きく動く時を狙って、ロットを大きく張る人もいる。

相場が予想の方向に動けば大きな利益が得られる反面、反対方向にいけば一瞬にして、損切り、ロスカットとなってしまう。

ただしこのやり方はFX会社がおすすめしている方法ではないし、本来のボーナスの使い方とはかけ離れたものだ。
場合によっては規約違反に該当するということで、出金拒否、口座凍結などのペナルティが課されてしまうこともあるので十分な注意が必要だ。

レバレッジは最大の888倍で勝負

「なんか時間がかかりそう」と思われるかもしれない。
確かに金額が金額なだけに一気に増やせるわけではないが、XMの武器のひとつ、888倍のハイレバレッジを活用しないともったいない。

1000通貨のドル円だと、厳しく感じがちだが、国内業者であれば、25倍の通貨ペアで4000円以上の資金が必要になるわけで、XMの888倍での120円で取引できるのはやはりメリットになるだろう。

最初は、1000通貨の小さい利益の積み上げを数日間にわたって、コツコツとおこなっていこう。


「即損切り」の考えが重要
FX初心者はもちろん上級者やベテランであっても、相場のすべては読み取れない。根拠を持ったエントリーであってもトレードシナリオが崩れてしまうことはよくあることだ。

自分の持ったポジションが違うと判断したら、勇気をもって「即」ロスカットを行い、手持ち資金を減らさない工夫を行わなければいけない。

特に国内業者のレバレッジ25倍に慣れた人にとっては、888倍は異次元のものだから、気を付ける必要がある。


・とりあえずは1万円を目標にする

いくらまで増やせばいいの?と思われるかもしれないが、とりあえずは切りのいいところで1万円を目標にしよう。そうすれば、それを証拠金として、さらにロットを多くくした売買をすることができるようになる。

それでも、いきなりロット数をあげることは大変危険だ。

コツコツと積み上げてきたものが、一気に吹き飛ぶのもロットを上げた無謀な取引をしたことが原因になるケースが多い。

1万通貨1回のようなイチかバチか勝負ではなく、1000通貨を10回、2000通貨を5回のようにリスクマネジメントしながらトレードしていこう。


・次のステップは5万円、そして100万円

ロットをあげる滅茶苦茶な取引をしなければ、そして即損切りできるスキルを持っているのであれば、次の目標として、5万円、そしてさらに10万円といったところが狙えるようになってくるだろう。

そうすれば複利で資金は加速度的に増えていくはずだ。

おまけにここまでくると損切りやハイレバレッジの感覚もつかめてくるから油断さえなければさらに大きな金額を動かせるようになっているはずだ。

XMのボーナスのみでトレードする際の注意点

・口座開設後30日以内に有効化させないとボーナスが消滅する

XMの口座開設ボーナスは30日以内の有効化が必要だ。有効化をしないと受け取れなくなる。
期日があるからとギリギリまで放っておくのではなく、忘れないうちにすぐに有効化しておこう。

・3000円ボーナスは出金できない
XMボーナスそのものは出金できず、ボーナスを使って得られた利益が出金可能だ。

・口座間で両建ては近畿
XMは複数口座での両建ては禁止となっている。
同一口座での両建て 〇
複数口座間の両建て ×
他社口座間の両建て ×

XMボーナスだけで取引のまとめ

海外FX業者のボーナスプロモーションは額が少なくても使い方次第では、非常に大きな役割を果たしてくれていることがお分かりだろうか。

以前は、国内にもキャッシュバックサービスが存在したが、現在は景表法の絡みでこれもなくなってしまい、もっぱら海外業者のみの特権になってしまった。

XM以外にも、Gemforex,is6comなどボーナスサービスを行ってくれるブローカーは複数あるので是非活用してもらいたい。

XMで3000円ボーナスをもらう

Gemforexで最大20000円ボーナスをもらう

 

海外FXランキング
TitanFX

TitanFXは業界トップのスプレッドの狭さ、約定力の高さ、日本語サポートの充実でプロトレーダーの愛用者が多いのが特徴だ。
ボーナスキャンペーン類は用意していないが、その分スペックに還元しているので、非常に快適なトレード環境が実現できる。

XM

業界最大手のXMtradingは、やはり人気も圧倒的だ。知名度、スプレッド、約定力、ボーナスの充実度、きめ細かい日本語サポートなどどれをとっても一定水準なのが安心できる。

Gemforex

創業者メンバーが日本人ということもあって、日本人市場を意識しているのがゲムフォレックス。
もちろん、サポート面でも日本人に安心できる仕様となっている。
最大2万円の新規口座開設ボーナス、狭いスプレッド、使い放題のEAサービスなど、さらなる発展にも期待。

海外FX
myfxをフォローする
海外FXポータル
タイトルとURLをコピーしました