Axioryのスプレッドは広いのか狭いのか?

axiory
Axioryの強みのひとつとしてスプレッドの狭さがあげられる。実際にアキシオリーのスプレッドは広いのか狭いのか、他社との比較を含めて検証した。

Axioryのスプレッドは狭い

スプレッドが広いのか、それとも狭いのか、というのはトレーダーにとっても死活問題だ。 トレードする回数は1回、2回ではない。 わずかなスプレッドの差であっても、「塵も積もれば山となる」のと同じように、その差は、年月を経るにつれてどんどん広がってしまうのだ。 そのため、私たちトレーダーは少しでもスプレッドの狭い業者を選ぶことは当然のことだろう。 アキシオリーのスプレッドについては、業界でもトップクラスに狭い。 国内業者と比較しても遜色ないレベルだし、海外FX業者でも最大手のXMと比べるとその差ははっきりとしている。 アキシオリーを使っていて、スプレッドの面で不利になることはない。

海外FX業者のスプレッドが広いと思われているわけ

国内FX業者を使っているトレーダーは、海外FX業者のスプレッドは広いと感じている人が多い。 開会FX業者はNDD方式を採用しているということと、業界最大手のXMのスプレッドがボーナスを換算しないとやはり広めに設定されているということで、「海外FX業者のスプレッドが広い」という認識になってしまっているようだ。 XMは業界最大手のブランドということもあり、スプレッドがやや広いのは事実だが、それでもボーナスポイントを差し引いて計算するとそこまで広くはないし、後発組の海外FX業者も増えて、競争も活発になっていることから、 最近では海外FX業者といっても、スプレッドが広い、ということはない。 Axioryはその中でも、スプレッドは狭い部類にはいる。

自分でスプレッドを測定したい時は・・

「公式サイトの測定値は信用できない、自分で測定して正しい数値を確認したい」 というときは、「Spread Recorder」を使うといいだろう。 MT4にインストールして実質スプレッドを計算することができる。 これだと本当のスプレッドを確認することができるのだから、公式サイトが信用できないのであれば、自分でインストールして調べてみるといいだろう。
https://twitter.com/teikoku_dan/status/1110461509727981568

まとめ

AXIORYのスプレッドはトップクラスに狭い。 これは、他の海外FX業者を比較しても、十分に強みだといえるだろう。 ただし、最近では競争も激化しており、低スプレッド、狭いスプレッドをウリにしている海外FX業者も増えてきているので、スプレッドのみで優劣は一概には判断できなくなってきている。 アキシオリーの強みはスプレッドだけではなく、cTraderが使えることであったり、スキャルピング制限なしであったり(スプレッドが狭いがスキャルピングに制限を課したり、禁止する会社はある)、信託保全があったり、情報開示で透明性が確保されていたり、金融ライセンスでの安全性、 といったところも踏まえて総合的に判断すべきだろう。 もちろんAxioryはそれらを満たしたFX業者だといえる。
海外FXランキング
FXGT

「ハイブリッド取引所」FXGTは、通貨ペアはもちろん株式、商品、仮想通貨も最狭スプレッドでトレード可能な一番注目度の高い会社だ。特に仮想通貨は世界でも最も狭いスプレッドといわれており、仮想通貨トレーダーも挙って参加している。

XM

業界最大手のXMtradingは、やはり人気も圧倒的だ。知名度、スプレッド、約定力、ボーナスの充実度、きめ細かい日本語サポートなどどれをとっても一定水準なのが安心できる。

Gemforex

創業者メンバーが日本人ということもあって、日本人市場を意識しているのがゲムフォレックス。
もちろん、サポート面でも日本人に安心できる仕様となっている。
最大2万円の新規口座開設ボーナス、狭いスプレッド、使い放題のEAサービスなど、さらなる発展にも期待。

axiory
myfxをフォローする
海外FXポータル
タイトルとURLをコピーしました