Gemforexのノースプレッド口座について

GEMFOREXには一般的な「オールインワン口座」とスプレッド特化型の「ノースプレッド口座」
の2種類の口座が提供されていて、トレーダーは好みに応じて使い分けることができる。

ここではGemforexのノースプレッド口座について解説している。

Gemforexのノースプレッド口座

ノースプレッド口座はスプレッド特化型口座として誕生し、GEMFOREXの口座の中ではスプレッドがスタンダード口座と比較して狭くなっている。

 

ノースプレッド口座のメリット

 

ノースプレッド口座における5つのデメリット

ノースプレッド口座のメリットを伝えてきた。スプレッドが狭いということが最強であり、欠点がない口座にも感じられるかもしれない。

ここではノースプレッド口座のデメリットについてあげていく。

初期証拠金が30万円と多大

ノースプレッド口座は初期費用がかかってしまう。トレードのはじめに「約30万円($3,000)が最初に初期預託金として必要」になってしまうのだ。(初期預託金は、口座開設に必要な証拠金。

オールインワン口座 ノースプレッド口座
初期預託金 100円($1)~ 30万円($3,000)~
口座開設者の多いオールインワン口座では「100円($1)」と少額証拠金で取引をスタートさせることができる。

オールインワン口座はFXトレードが全く初めての初心者でも、簡単に口座開設できるのだ。

対するノースプレッド口座は30万円近くかかってしまうのだから、初心者は二の足を踏んでしまうだろう。オールインワン口座は初心者から上級者まで幅広く使えるのに対し、高額な初期証拠金を設定しているノースプレッド口座は、使い方がはっきりと定まっているベテラントレーダー、上級者向けだといえるだろう。

 

ボーナスが一切もらえない

GEMFOREXのボーナスキャンペーンは、国内・海外FX業者を見渡しても業界トップの豪華さを誇っている。

・新規口座開設ボーナス
新規口座開設するだけで、トレード資金ががもらえる
・入金ボーナスキャンペーン
入金額の100%を獲得できる
・他社から乗り換えキャンペーン
他社で発生した損失補填をしてくれる
・お友達紹介キャンペーン
友達をGEMに紹介してボーナス獲得

GEMFOREXの魅力でもあり一番のメリットは、この豪華なボーナスだが、ゲットできるのは、オールインワン口座のユーザーのみで、ノースプレッド口座の開設では、このボーナスを手にすることができなくなってしまうのだ。

やはりゲムフォレックスのウリは、業界一豪華といわれるボーナスであることからも、できることならボーナスはゲットしておきたい。

そんな場合は、まず最初にオールインワン口座を開設してボーナスをもらっておいて、追加口座で改めてノースプレッド口座を開設すればいい。

そうすればボーナスももらえて、追加口座でノースプレッド口座を使うこともできる。

自動売買(EA・ミラートレード)が使えない

ノースプレッド口座は裁量取引専用口座となってるので「自動売買ソフト(EA)」「ミラートレード」を用いた、「自動売買」ができない。

「自動売買」は、文字通りプログラムに売り買いを設定しておくことで、自動でトレードをしていくものだ。

自動売買の特徴として人間の感情を介さずに機械的なトレードができるので、ムダな損切りや想定外の利確など、人間の心の動きに惑わされることがないのが特徴だ。

特にFXのトレードがはじめての初心者は、感情に左右されやすいこともあるので、自動売買はその欠点を補った理想的なトレード手法だといえる。

ノースプレッド口座では自動売買ができないが、オールインワン口座はEAやミラートレードを使うことができる。

ゲムフォレックスで自動売買やミラートレードを使いたい人は、オールインワン口座で口座開設しよう。

対応通貨ペアが33種類と少なめ

他社と比較すると対応通貨ペアが33種類とやや少ない傾向にある。

参考までに他社の通貨ペア数を見てみよう。

exness 82種類
LandFX 67種類
Tradeview 62種類
iForex 61種類
Axiory 61種類
XM 57種類
TItanFX 57種類
FXGT48種類
GEMFOREX 33種類
is632種類
FBS 28種類

こうやってみるとGEMFOREXのノースプレッド口座対応通貨ペアは33種類と、他のFX業者と比べると見劣りしてしまう。

通貨ペアが少ない=トレードチャンスがその分減ってしまうのはデメリットだが、逆に自分のトレードする通貨ペアを決めている場合には、目移りすることもなく欠点とはならないだろう。

CFD商品の取り扱いなし

GEMFOREXのノースプレッドは通貨ペア数が他社よりも少ないことに加えて、「CFD商品(差金決済取引)」の取引もできない。

天然ガスやオイル、日経225といった「株価指数」もトレードできない。

 

ノースプレッド口座での気を付ける点

ノースプレッド口座で気を付ける点がある。見落としがちだが使うにあたっては知っておかないといけないものだ。

他社のECN口座と意味合いが異なる

ECNは「Electronic Communications Network」の略で、「電子取引所取引」が日本語にあたる。

本来のECN口座での取引は、FX業者は取引介入ができず、トレーダーとリクイディティプロバイダー(FX事業者に為替レートを提示し、FX業者からの注文を受け付ける銀行)との仲介役を果たすのが目的となる。

ところが、GEMFOREXでは「10lot以上の大口取引は必ず事前連絡を行う」旨が規約にあり、これは取引介入だといえるだろう。取引への干渉がある以上、ノースプレッド口座はECN口座とは言い難いのだ。

取引は専用チャートで行う

ゲムフォレックスのノースプレッド口座での取引は、「USDJPYfx」という専用のチャートを使う必要がある。

ノースプレッド口座専用のチャートを設定していく。

1,気配値を表示させる
2,気配値を右クリック
3,「すべて表示」をクリック

気配値をすべて表示させると、通貨ペアのあとに「fx」の表示が出現する。「fx」がついた通貨ペアを右側にドラッグ&ドロップして、ノースプレッド口座専用チャートが表示可能となる。

スプレッド0.0pipsを必要以上に狙わない

GEMFOREXノースプレッド口座は、非常にスプレッドが狭いことが特徴だが、時間帯によっては「0.0pips」になる局面もある。
文字通りノースプレッドであるわけだが、この0ピップスだけを意図して狙いにいくのは規約に禁止だと書かれている。

どの程度が、意図的であるかないかというのは自分たちでは判断できず微妙なところだが、怪しまれる動きはしない方がよい。

意識しないで取引すると、平均値に近づいていくので、通常トレードであれば意識しないで取引を行っても大丈夫だ。

もしGEMFOREX側が規約違反の悪意ある0ピップス狙いだと判断されたら、ペナルティが課せられることになる。出金拒否であったり、口座凍結、アカウント停止といった措置もあるので十分に注意したほうがよい。

海外FXランキング
FXGT

「ハイブリッド取引所」FXGTは、通貨ペアはもちろん株式、商品、仮想通貨も最狭スプレッドでトレード可能な一番注目度の高い会社だ。特に仮想通貨は世界でも最も狭いスプレッドといわれており、仮想通貨トレーダーも挙って参加している。

XM

業界最大手のXMtradingは、やはり人気も圧倒的だ。知名度、スプレッド、約定力、ボーナスの充実度、きめ細かい日本語サポートなどどれをとっても一定水準なのが安心できる。

Gemforex

創業者メンバーが日本人ということもあって、日本人市場を意識しているのがゲムフォレックス。
もちろん、サポート面でも日本人に安心できる仕様となっている。
最大2万円の新規口座開設ボーナス、狭いスプレッド、使い放題のEAサービスなど、さらなる発展にも期待。

海外FX
myfxをフォローする
海外FXポータル
タイトルとURLをコピーしました