TitanFX(タイタンFX)のロスカットについて

TitanFX

TitanFXは狭いスプレッドで圧倒的な人気を誇る海外FX業者だ。

ここでは、タイタンFXのロスカットについて解説している。

・TitanFXのロスカットの発動条件を知りたい
・ロスカットと証拠金維持率の関係性について

これらの疑問点は、ロスカット水準を知ることで把握できるようになる。正しい損切りをやり方を知ることで、着実に勝ちにつなげられるようになる。

TitanFX(タイタンFX)のロスカットとは?

海外FX業者 TitanFXのロスカットとは、ポジションが含み損を抱え、証拠金維持率が一定率を下回った際に強制決済されることを指す。

TitanFXは国内FX業者と違い追証(借金)が発生せず、マージンコール(追証のギリギリ手前で追証ラインが近いことを通知する機能)もないので、即ロスカットとなる。

TitanFXのロスカットは証拠金維持率20%以下で発動

TitanFX(タイタンFX)では、証拠金維持率が20%を下回ることでロスカット発動となる。

FXはエントリーすることで、常時証拠金維持率が変動する。

TitanFXでの証拠金維持率計算方法

TitanFXでトレードする際には、証拠金維持率がいくらになるか知っておくことが無意味なロスカットの防止につながる。ここではその計算方法をみていこう。

TitanFX(タイタンFX)の必要証拠金の計算方法

必要証拠金とは、TitanFXでエントリーする際に必要な資金額のことを指す。

100,000通貨の注文をレバレッジ100倍で行う場合の必要証拠金は、

100,000通貨÷100倍×100円⁼100,000円

となる。(1ドル⁼100円の場合)

TitanFX(タイタンFX)の有効証拠金の計算方法

有効証拠金とは、口座残高を表す金額のことだ。

TitanFXに預けた証拠金と今までのエントリーの損益合計額で、実質残高を表す。

口座に100万円の資金を預けていた場合、上記必要証拠金でポジションを保有していたら

1,000,000円-100,000円⁼900,000円
つまり有効証拠金は90万円となる。

TitanFX(タイタンFX)の証拠金維持率の計算方法

上記の必要証拠金と有効証拠金で、TitanFXの証拠金維持率を算出すると、

(900,000円÷100,000円)×100⁼900%

となる。

TitanFXのロスカットは証拠金維持率が20%を下回ると発動されるで、900%であればロスカットはまだ大丈夫だと考えることができる。

証拠金維持率は、TitanFXのMT4/MT5のターミナル内でリアルタイムの証拠金維持率が確認できるので、自分で計算する必要がない。

ロスカットがあとどれぐらいまで大丈夫なのかを、リアルタイムの証拠金維持率からするに判断できるので、しっかりとチェックしておこう。

TitanFXのロスカット水準は他社と比較しても高水準

タイタンFXは、証拠金維持率20%となっているが、この数値は他社と比べてみても高水準になる。
同じ20%以下でのロスカットを行う業者は、

XM、GEMFORX、AXIORY

といったところがあげられるが、中には証拠金維持率100%でロスカットというところも実際にある。

まとめ

TitanFXのロスカット、証拠金維持率について説明した。
ロスカットについては、トレーダーである以上避けては通れない問題だ。

負けるときに、損失を膨らませることなく、しっかりとロスカットをおこない、負けが限定されたものであるように心がけるようにしよう。

海外FXランキング
TitanFX

TitanFXは業界トップのスプレッドの狭さ、約定力の高さ、日本語サポートの充実でプロトレーダーの愛用者が多いのが特徴だ。
ボーナスキャンペーン類は用意していないが、その分スペックに還元しているので、非常に快適なトレード環境が実現できる。

XM

業界最大手のXMtradingは、やはり人気も圧倒的だ。知名度、スプレッド、約定力、ボーナスの充実度、きめ細かい日本語サポートなどどれをとっても一定水準なのが安心できる。

Gemforex

創業者メンバーが日本人ということもあって、日本人市場を意識しているのがゲムフォレックス。
もちろん、サポート面でも日本人に安心できる仕様となっている。
最大2万円の新規口座開設ボーナス、狭いスプレッド、使い放題のEAサービスなど、さらなる発展にも期待。

TitanFX
myfxをフォローする
海外FXポータル
タイトルとURLをコピーしました